イベントの使用

イベントはデバイスから送出されるストリームに対してしきい値を設定し、外部への通知を行います。

イベントはストリーム毎(value,value2..)に定義が必要です。作成される全てのイベントはThingScaleのチャネルに紐付けられます。

イベントの作成

  1. 管理コンソールから, Event -> Event Management を選択して Create New Event をクリック

  2. 定義したい内容に応じて必要な項目を埋めてください。

     


  3. 最後に Create New Event ボタンをクリックしてイベント定義を完了します。. Event Management ページを開きます。 イベントを削除したい時は Delete チェックボックスをチェックしApplyボタンをクリックします。 


通知タイプと演算子

現時点で通知タイプは以下の通りです:

Notify_type

Description

Notify_type

Description

email

ストリームが演算子の条件と一致した場合にemailがプッシュされる。

http

ストリームが演算子の条件と一致した場合に外部システムへHTTP POSTによりプッシュされる。



"email"オプションはテスト用です。本番環境で利用しないでください。本番環境では"http"ウェブフックオプションを利用してください。



現時点で演算子は以下の通りです。

=

Equal(等しい)

<

Less than(小さい)

>

Greater than(大きい)

<=

Less than equal(以下)

>=

Greater than equal(以上)

!=

Not equal(等しくない)



NOTE

イベントが発火し通知タイプ(notify_type)がhttpの場合、イベントステータスがpost_url要素で指定されたURIにJSONペイロードの形でプッシュされます:



POSTed payload
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 { "event_id":26, "description":"EMAIL & POST", "mapped_ch":1, "channel_name":"NEW_CH1_HOGEHOGE", "source":"value1", "status":"value1 was consistent with the threshold. Current:13 = Threshold:13"}, "current":13, "threshold":"13" }